GITA-JAPAN

イベント情報コンファレンス

2019年 GITA-JAPAN 第30回 コンファレンス開催のご案内(終了)

 G空間情報技術は、社会と生活を支える基盤技術として広く利活用されており、最新のMaaS、AI、IoT技術との連携により、安全・快適・省エネ・サスティナブル(持続的)な生活を実現する「スマートシティ」構想が具体化しつつあります。
 急進するデジタルトランスフォーメーション(DX)、準天頂衛星による位置情報の精緻化等、情報技術の高度化により、革新的なG空間情報社会が実現されつつある一方、近年多発する自然災害等の様々なリスクに対しても、柔軟かつ的確に対応できるレジリエンス(強靭)な社会基盤が求められています。
 GITA-JAPANコンファレンスは第30回の節目を迎え、G空間情報とDXに関する最新情報や活用事例等、情報提供の場として以下の内容で開催致します。

開催概要

日時 2019年12月4日(水) ~ 5日(木) 2日間
開催場所 東京大学山上会館 大会議室
〒113-8654 東京都文京区本郷7-3-1(東京大学本郷キャンパス構内)
テーマ 「G空間情報 × デジタルトランスフォーメーション(DX)」
~ MaaS、AI、IoTで持続的で強靭なスマートシティを実現 ~
内容
12月4日(水) 10:00受付、10:30開始
    〇講演
    ・国土交通省 都市局 都市計画調査室長 筒井祐治 氏
    ・東京大学 都市基盤安全工学国際研究センター 教授 加藤孝明 氏
    ・NTTインフラネット株式会社 取締役 Smart Infra推進室長 小林正樹 氏
    ・神戸市 危機管理室 防災体制整備担当課長 小塚満幹 氏
    ・三菱地所株式会社 開発推進部都市計画室長 中嶋利隆 氏
    ・横浜国立大学 副学長 都市交通計画 教授 中村文彦 氏
〇パネルディスカッション
    ・テーマ:「強靭なスマートシティの実現に向けて」
    ・モデレーター:加藤孝明 氏(東京大学)
    ・パネラー:中村文彦 氏(横浜国立大学)、筒井祐治 氏(国土交通省)、小塚満幹 氏(神戸市)、中嶋利隆 氏(三菱地所)、金田賢哉 氏(本郷飛行機)
12月5日(木) 9:30受付、10:00開始
    〇講演
    ・地震科学探査機構 取締役会長 東京大学名誉教授 村井俊治 氏
    ・トヨタ自動車株式会社 情報セキュリティ推進室 主幹 中島一樹 氏
    ・北海道 総合政策部 情報統計局 情報政策課 IoT推進グループ主査 喜多耕一 氏
    ・防災科学技術研究所 総合防災情報センター長 臼田裕一郎 氏
    ・JR東日本コンサルタンツ株式会社 常務取締役 ICT事業本部長 小林三昭 氏
その他
    1.出展企業およびGITA会員企業等の技術講演
    2.ソフトウェア、サービス等システム展示会
    3.懇親会(12月4日、18:30から、会費:5,000円)
参加費
    無料
    なお、プログラム資料等の配布は、下記のウェブフォームより事前申し込み頂いた方に限ります。
    測量系CPD学習プログラムを申請される場合は、別途参加費が必要です。
    参加費は2日間受講者(5,000円)、1日受講者(4,000円)で、教材は無料で配布します。
    ※測量CPD学習プログラムポイント(2日間10ポイント)。希望者は当日も受け付けております。
Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、ボタンよりダウンロードしてからご覧ください。
Acrobat Readerは、アドビシステムズ社より、無償で配布されています。

BACK TO TOP