GITA-JAPAN

イベント情報コンファレンス

2018年 GITA-JAPAN 第29回 コンファレンス開催のご案内

地理空間情報技術は、社会と生活を支える基盤技術として広く利活用されていますが、最新のAI、IoT、ロボット技術との連携により、安全・快適・省エネな生活を実現する「スマートシティ」構想が具体化しつつあります。さらにスマートシティを支える新たなIT基盤として、準天頂衛星の4機運用による位置情報の精緻化、および実用化が急速に進むBIM/CIM、3D情報技術の高度化により、真に革新的(イノベーティブ)な地理空間情報社会が間近に迫っていると言えるでしょう。
そこで、本年のGITA-JAPAN 第29回コンファレンスでは、昨年度のメインテーマをさらに掘り下げて、最新の情報を提供する場として、以下のとおり開催いたします。

開催概要

日時 平成30年9月25日(火)~ 26日(水) 2日間
開催場所 全国町村会館 2Fホール
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-35
テーマ 「G空間情報イノベーションⅡ」
~ AI・ロボット・GISが実現するスマートシティ ~
内容
基調講演:
    宇宙インフラとの連携で広がる地理空間情報ソリューション
    東京大学 空間情報科学研究センター 教授 柴崎亮介 氏
特別講演:
    航空重力測量が導く新たな標高の仕組み ~いつでも・どこでも・誰でも信頼できる標高が使える社会へ~
    国土交通省 国土地理院 測地部 物理測地課 課長 矢萩智裕 氏
講  演:
    東京都ICT戦略と最新取組み状況
    東京都 総務局 情報通信企画部 情報通信技術担当課長 天神正伸 氏
    静岡県が目指す地理空間情報の利活用について
    静岡県 交通基盤部 建設支援局 建設技術企画課 建設ICT推進班 杉本直也 氏
    自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」による「シカ食害対策」の実証実験
    セコム株式会社 技術開発本部 サービスロボット開発グループ 神山憲 氏
    100年企業ヤンマーにおけるGIS/IoT技術を活用した社会課題解決への挑戦 ~A SUSTAINABLE FUTURE~
    ヤンマー株式会社 社長室 コネクティッドビジネスグループ 課長 中野年章 氏
    AI・予測分析によるマネタイズ事例 ~利益を生み出すG空間情報イノベーションⅡ~
    澪標アナリティクス株式会社 代表取締役社長 井原渉 氏
    ドローンで広がる空間活用
    本郷飛行機株式会社 代表取締役 金田賢哉 氏
その他:
    出展企業およびGITA会員企業等の技術講演
    ソフトウェア、サービス等システム展示会
    交流会・懇親会(9月25日、参加費5,000円)
Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、ボタンよりダウンロードしてからご覧ください。
Acrobat Readerは、アドビシステムズ社より、無償で配布されています。

BACK TO TOP