GITA-JAPAN

イベント情報g-SDM セミナー

2018年 G空間情報ビジネスリーダーを育成する
システムデサイン・マネジメントセミナー開催案内
(g-SDM セミナー/全3回)

本セミナーは、慶應義塾大学大学院で研究されている最新の「システム思考」と「デザイン思考」を適用し、「G空間情報を活用し、新しいビジネス領域を創出する手法」を学んでいただきます。
G空間情報と金融、医療、教育、災害、インフラなどの領域をテーマとして取り上げ、新たなビジネスチャンスへとつながる新サービス創出の手法を学び、ビジネスリーダーとしてのスキルを獲得していただくセミナーです。

  1. 講師:慶應大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 教  授 神武直彦
       慶應大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 特任助教 小高暁
       慶應大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 博士課程 西野瑛彦
  2. 参加費(税別):一般150,000円/会員100,000円
  3. 開催場所:東京都内
  4. g-SDMとは...   
    • g : 地理空間情報、G空間情報
    • S : システム思考
    • D : デザイン思考
    • M : マネジメント
  5. 第1回:11月26日(月) 10:00-17:00
    • オリエンテーション&自己紹介
    • ワークテーマ:多様な視点でのアイデアの生み出し方とは
    • ワーク:
    •    1.共創するためのチーム作り
         2.テーマの理解
         3.課題の洗い出し
         4.問いの設定
         5.アイデアの創出と分類
         6.解空間の拡大と更なるアイデア創出
         7.成果の共有と共働
  6. 第2回:11月29日(木) 10:00-17:00
    • ワークテーマ:顧客価値を生みだすソリューション設計とは
    • ワーク:
    •    1.フィールドワーク結果の共有
         2.アイデアの利害関係者の分析
         3.顧客価値のつながりを設計
         4.顧客体験の可視化
         5.ビジネスモデルつくり
         6.成果の共有と共働
         7.気づきの共有
  7. 第3回:11月30日(金) 10:00-17:00
    • ワークテーマ:ソリューションを伝えて共感を得るとは
    • ワーク:
    •    1.共感を得るための発表の準備
         2.共感を得るための発表の練習を通して参加者間でのレビュー
         3.発表内容の改善
    • 成果発表
    •    1.グループ別発表
         2.気づきの共有
         3.全体プロセスの振り返り
Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、ボタンよりダウンロードしてからご覧ください。
Acrobat Readerは、アドビシステムズ社より、無償で配布されています。

BACK TO TOP